BENTLEY 100th Anniv.[オリジナル記事を見る]AUTOCARのロゴも100年前に

モーターショー

2017.03.07

ポルシェ・パナメーラ・ターボ S E-ハイブリッド

ジュネーブ・モーターショーにてパナメーラの新たなトップ・モデル、パナメーラ・ターボS E-ハイブリッドの実車写真を入手した。これにともない、情報の簡単なおさらいと、短評を再掲載する。

V8エンジンと電気モーターを搭載したユニークなドライブ・コンセプト

パナメーラ・ターボS E-ハイブリッドの投入を踏み切ったのは、V6エンジンと電気モーターを併用するパナメーラ4 E-ハイブリッドの成功を受けてのことだという。

ハイブリッド・モジュールに備わるデカプラーは、パナメーラ4 E-ハイブリッドと同様に、電制クラッチ・アクチュエーター(ECA)によって電気機械的に作動。素早いレスポンスを可能にしているとのことだ。

パナメーラ・ターボS E-ハイブリッドの4.0ℓV8エンジンと電気モーターの組みあわせは、システム合計出力680psという飛びぬけたパワーを発揮し、アイドル回転数を少し超えた回転域から86.7kg-mの最大トルクを発生する。

0-100km/h加速タイムは3.4秒をマークし、最高速度は310km/hに達する。電気モーターのみの航続距離は50kmにおよぶのだという。

電気モーターは、容量14.1kWhの水冷式リチウムイオン・バッテリーによって電力供給される。リアに搭載する高電圧バッテリーは、230V/10A電源で6時間以内にフル充電されるとの情報も公開されている。

導入時期は2017年後半から 装備は決定済み

今回のジュネーブ・モーターショーでワールド・プレミアを果たしたあと、2017年7月に欧州でデビューし、2017年後半から日本を含む各国市場へ導入予定。

パナメーラ・ターボS E-ハイブリッドには、ポルシェ・セラミック・コンポジット・ブレーキ(PCCB)、ポルシェ・トルク・ベクトリング・プラス(PTVプラス)を含むポルシェ・ダイナミックシャシー・コントロール・スポーツ(PDCCスポーツ)、パワー・ステアリング・プラス、および21インチの911ターボ・デザイン軽合金ホイールが標準装備される。

助手席短評

ニュルブルクリンク、ノルドシュライフェで、このパナメーラ・ターボ S E-ハイブリッドの助手席に座ることができた。

車体は決して軽くないにもかかわらず、加速には目を見張るものがある。ほんの数周のドライブであったが、極めて安定した、そして速いクルマだと思った。

今回、ドライバーを務めてくれたのは、2010年のル・マン・ウィナーのティモ・ベルンハルトだ。彼も、今日がパナメーラ・ターボ S E-ハイブリッドのステアリングを握るのは初めてだという。

彼は、クルマの重さ自体は感じるものの、コーナーにおける鋭い回頭性に驚いていたようだ。

わずかに傾斜のついた下りのコースで、激しくブレーキングする。すると、リアがちょっとだけもじもじとした動きを見せるが、ベルンハルトは「安定感が半端じゃない」と語っている。

そして何よりも速い。ローンチ・コントロールを使えば、シャンパンのコルクが飛び出すように加速していく。頭はヘッドレストに押し付けられたままだ。

リアの座り心地も悪いものではない。1Gのコーナリング・フォース、最低限に抑えられたロール、V8のエンジン・サウンド。

いずれも極めて刺激的であるが、すべてが穏やかでドライバーのコントロール下にあるのがわかった。そして、最高速度310km/hでも、想像以上にそのキャビンは静かだった。

このポルシェはハイブリッドだ。しかし、これまでのハイブリッドとは違うクルマだ。


▶ 海外ニュース / ポルシェ・パナメーラのエステート・モデル、パナメーラ・スポーツ・ツーリスモを公開

    このモーターショーの記事一覧

    元記事

    2017 ジュネーブ・モーターショー

    第87回ジュネーブ・モーターショーは、2017年3月7日から3月19日まで(7日、8日はプレスデイ)パルエキスポ・コンベンション・センターで開催される。 今年は...
     

    人気コンテンツ