モーターショー

2017.03.07

アウディRS3

ついに400psに到達したアウディRS3の全貌が明らかになった。どの部分が、どのように変わったのだろうか? 目に見えない部分と、目に見える部分の2点に分けて掘りさげる。

目に見えない部分=エンジンの進化

2017年式のアウディRS3は、目に見えない部分、つまりエンジンが大きく進化した。5気筒の2.5 TFSIユニットが従来の367psから400psにまでパワー・アップしたのである。

軽く強靭なスチール製クランクケースと新式のデュアル・インジェクション、アウディが特許をもつバルブ・リフト・システムと排気システムの見直しによる成果だといえる。

最大トルクこそ3.0ℓストレート6を搭載するM140iに比べると2.1kg-m及ばないものの、2.0ℓ4気筒ターボのメルセデス-AMG A45 4マティックと比べると18psと0.6kg-mパワーは上回る。

パワーを伝達するための7速デュアル・クラッチAT(Sトロニック)のマッピングが調整されたこともまた、0-100km/hタイム4.1秒(従来-0.2秒)の実現に貢献している。

最高速度は250km/h(リミッター作動時)のままだが、望めば280km/hまで ‘拡張’ することもできる。

ちなみにM140i xDriveとA45 4マティックの0-100km/hタイムは、それぞれ4.6秒と4.2秒。

パワー・アップしているが、燃費は従来と同じ12.0km/ℓ。CO2排出量は189g/kmとなる。

目に見える部分も(実は)変わっている

フロント・ホイールは標準のA3よりも左右合わせて20mmボディの外側に移動し、車高は25mm下がっている。カーボン製のブレーキをオプションで選べるのもポイント。ホイールは19インチ。タイヤは235/35サイズを前後ともに組みあわせる。少なくとも欧州仕様は可変ダンパーはオプションの扱いとなる。

フロント・バンパーはデザイン変更を受けており、ともなってグリルの形状やハニカム構造のメッシュ部の色も変わっている。ちなみに「RS3」と書かれたバッジも少しだけ大きくなった。

またヘッドライトの形状もわずかだが変わっている。LEDのプロジェクターは標準装備となり、「マトリクスLED」はオプションで組み合せることが可能。

リアのテールゲート上のスポイラーも形状が変わり、テールランプのレンズも意匠が変わっている。ディフューザーとテールパイプもわずかだが変更を受けている。


▶ 海外ニュース/ 次期メルセデス-AMG A45は更にハイパフォーマンスに

    このモーターショーの記事一覧

    元記事

    2017 ジュネーブ・モーターショー

    第87回ジュネーブ・モーターショーは、2017年3月7日から3月19日まで(7日、8日はプレスデイ)パルエキスポ・コンベンション・センターで開催される。 今年は...