モーターショー

2017.03.07

スバルXV

フル・モデルチェンジしたスバルXVが、ジュネーブ・モーターショーで発表された。2.0ℓ水平対向の直噴化やシンメトリカルAWDの全車標準装備など、見るべきところは多い。

外装は「ワイド&ロー」に

フロントフェイスについては「ワイド&ロー」スタンスにより、スポーティな印象を与えるとともに、ヘキサゴン・グリルからシャープなヘッドランプまでを一体感を持って立体的に構築。(リアも同様。)

フロントからサイドを経由してリアまで繋がり、各部のデザインがひとつの塊となる起点としての役割を目指したという。

サイドはフェンダーを外に張り出させることで、ユーザーに安心感を与えている。フロント・バンパー、ホイール・アーチ、サイド・シル、リア・バンパーへと連続して設けたマット・ブラックのパーツを動きのある形状とすることで、クロスオーバー車らしい愉しさを表現しているとスバルはいう。

全長は4465mm、全幅は1800mm、全高は1615mm。

2.0ℓ水平対向を直噴化 80%の部品を刷新

新開発の2.0ℓ水平対向直噴エンジンについては、従来型自然吸気エンジン比で約80%の部品を刷新するとともに約12kgの軽量化を実現することで、出力と燃費の向上を目指したそう。

トランスミッションには改良型リニアトロニックを採用。6.28から7.03に拡大したレシオ・カバレッジと従来型比約7.8kgの軽量化により、加速性能と燃費性能の向上を両立しているそうだ。

全車にオートステップ変速を採用するとともに、マニュアル・モードについては7速化している。

またエンジン、トランスミッション共に振動騒音を徹底的に低減させているという。

最高出力は156ps。

悪路走破性はもちろん、「動的質感」の向上も?

車体、シャシー各部剛性の大幅な向上(従来モデル比1.7〜2倍)やサスペンションなど足回り機構の進化、さらなる低重心化により、ドライバーの意志に忠実な高い操舵応答性を目指したという。

操舵時にムダな挙動がなく、高い直進安定性と路面に吸い付くようなコーナリング性能を提供してくれるそうだ。SUVに求められる220mmの豊かなロード・クリアランスを維持しながら、優れた操縦安定性も実現しているという。

また、フレーム構造の最適化や各部パーツの結合強化などにより、車体ねじり剛性を現行モデル比1.7倍に向上。

さらに、車体の共振の分散や歪の分散により、ステアリングやフロア、シートの振動を大幅に低減し、車格を超えた快適性を実現している。

サスペンション取付け部の剛性も向上することで、車体側をたわませることなくサスペンションの減衰性能を十分に機能させ、よりスムーズに路面からの振動を収束させるとのこと。

さらに、リア・スタビライザーを車体へ直接取り付けることで、車体の揺れを従来モデル比で50%低減し、快適な乗り心地を目指したのだそうだ。

スポーティながら緻密に作り込んだ内装

インストルメント・パネルからドア・トリムに至る連続した造形により空間の広がりと精緻な質感を目指したそうだ。

インストルメント・パネル中央の8.0インチ・タッチ・スクリーン・ディスプレイはスマートフォンとの接続が可能。

取り回しのしやすさとクイックな操舵感実現のため、従来モデルに対して小径化した新造形のステアリング・ホイールを採用した点もポイント。

インテリア・デザインの変更に加え、視界性能、室内スペースにも配慮。機能性についても、より一層の進化を目指したという。

    このモーターショーの記事一覧

    元記事

    2017 ジュネーブ・モーターショー

    第87回ジュネーブ・モーターショーは、2017年3月7日から3月19日まで(7日、8日はプレスデイ)パルエキスポ・コンベンション・センターで開催される。 今年は...