モーターショー

2017.03.08

タモ・ラセモ

タタのサブ・ブランドから新型スポーツカーが登場した。

タモ・ラセモは、192psを発揮するターボチャージド・ガソリン・エンジンを搭載する。

この小型スポーツカーは、実用性とスポーツ性にフォーカスして設計されたのが特徴で、0-100km/h加速タイムは6.0秒だという。

タタにとって初のコネクテッド・カー

シザース・ドアが目を引くエクステリアは、全体的に角ばった印象を受ける。資料によれば、これはタタにとって初となるコネクテッドカーだという。

現在予定されているマーケットはタタのお膝元であるインドだが、それ以外の地域についてもプレゼンスを高めるために何らかの活動が予定されている。

ラセモは限定生産になると考えられ、現在のところ価格は発表されていない。

    このモーターショーの記事一覧

    元記事

    2017 ジュネーブ・モーターショー

    第87回ジュネーブ・モーターショーは、2017年3月7日から3月19日まで(7日、8日はプレスデイ)パルエキスポ・コンベンション・センターで開催される。 今年は...