BENTLEY 100th Anniv.[オリジナル記事を見る]AUTOCARのロゴも100年前に

モーターショー

2017.03.08

ルノー・ゾエe-スポーツ・コンセプト

ルノーのEVモデル、ゾエに、フォーミュラEの技術を注ぎ込んだゾエe-スポーツ・コンセプトが発表された。モーターのパワーは466ps、そして0-100km/h加速が3.2秒というEVホット・ハッチに仕上がっている。

プロダクション化の予定はなし

EVモデルと言えば、そのドライブ・レンジを伸ばすことに各社凌ぎを削っているが、このゾエe-スポーツ・コンセプトは、それとはまったく別方向のパフォーマンスの向上だけを目的としたモデルだ。

もちろんプロダクションの計画はないが、昨年のパリで公開されたトレザー・コンセプトに引き続き、EVの可能性を追求したモデルだ。

「ゾエe-スポーツはロード・ユースもサーキットも想定していない」とスポークスマンはコメントしているが、FIAの安全基準を満たすように製作されており、サーキット・イベントなどに今後姿を見せることになるという。

2モーターで466psを発生

ゾエe-スポーツは、2台のモーターを持ち、パワーは466ps/4300rpm、トルクは65.1kg-mという値だ。パフォーマンスは、0-100km/h加速が3.2秒、0-200km/h加速が10秒未満であるとアナウンスされる。

フロント・アクスルとリア・アクスルに取り付けられるモーターは同一のもの。フォーミュラEのように高容量の永久磁石が使われる。

バッテリーは40kWhで、これは標準的なゾエと同じ容量だ。

このゾエe-スポーツ・コンセプトには4つのドライビング・モードがある。モードによってパフォーマンス重視か、航続距離重視かを選択できる。

シャシーも本格的

チューブラー・スティール・シャシーは、ヒルクライムやアイス・レースに出場しているルノー・スポールのレーシングカーに使用されるものと同じ。ボディはカーボンファイバー製で、バッテリーを含む車重は1400kgだ。

標準的なゾエに対して、コーナリング性能を向上させるために車高は落とされ、トレッドが拡大される。メガーヌR.S.275トロフィー-Rに使用されるダブル・ウィッシュボーン・サスペンション、大径のブレーキ、アジャスタブル・ダンパー、そして20インチ・ホイールが装着される。

また、フロントのエアダムは新デザインで、フラット・ボトムとフォーミュラEなみのディフューザー、カーボンファイバー製リア・スポイラーなどで空力的な強化を受ける。

ルノーのEV責任者、ジル・ノーマンは、「これは情熱がすべてのクルマだ。それと共に、このクルマはコンセプト・モデルである」と語っている。

    このモーターショーの記事一覧

    元記事

    2017 ジュネーブ・モーターショー

    第87回ジュネーブ・モーターショーは、2017年3月7日から3月19日まで(7日、8日はプレスデイ)パルエキスポ・コンベンション・センターで開催される。 今年は...
     

    人気コンテンツ