ニュース

2012.12.12

ラディカル・エクストリーム・クーペを発表

ラディカル・スポーツカーズは、これまでにないロード・ゴーイング・モデル、エクストリーム・クーペ(略称RXC)を発表した。

英国はピーターボローにあるこの小さなメーカーが送り出すこのRXCは「ル・マン・レーサーにインスピレーションを受けたロードカー」だという。エンジンは380bhp/6750rpm、44.2kg-mを発揮するフォード製の3.7リッターV6で、最高速度は282km/h。SR3SLのようにヨーロッパの安全基準を満たしたロードカーとレース・モデルの両方が生産される。

レース・モデルは国際的なGTとスポーツカー・チャンピオンシップに出場できるレギュレーションを満たす一方、ロードカーは「ロード・トリップとサーキット走行、そして週末のレース」を愉しむためにあるという。

クーペはちょうど900kgの乾燥重量だから、1トンにつき422bhpのパワー・ウエイト・レシオとなる。0-100km/h加速のタイムは2.8秒と驚異的な数字をマークする。

後輪駆動で、そのパワーはパドルシフトの7速クアイフェ・ギアボックスによって伝えられる。

RXCは、現在までのラジカルで、最も長く最も幅広いクルマとなる。全長は4300mm、全幅は1960mm、そして全高は1127mmだ。

シャシーは、FIAのクラッシュ・スペックを満たしたチューブラー・スペース・フレームに、前後ダブル・ウィッシュボーン・サスペンションという組み合わせ。フルワイズのカーボンファイバーのリア・ウイングとフロントおよびリアのディフューザーを持つ。そのダウンフォースは、トップスピードで900kgになるという。

RXCは、ガルウイング・ドア、パワー・ステアリング、エアコンを標準で装備し、調整可能なステアリングとペダル・ボックス、そしてヒーテッド・フロント・スクリーンを持つ。また6ポイントのハーネスも装備する。

ブレーキは、フロントがΦ330、リアがΦ310で、6ポッドのキャリパーが標準。カーボン・セラミックもオプションで用意される。またホイールは17インチだ。

来年夏までには89,500ポンド(1,200万円)という価格で販売を開始したいとラディカル・スポーツカーズでは考えているようだ。実車は、1月10日にバーミンガムNECで行われるオートスポーツ・インターナショナル・ショーで公開される。

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ