[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

アウディA3スポーツバック g-トロン

2013.03.01

アウディはジュネーブ・モーターショーで、ガスで動くA3を公開する。

A3スポーツバック g-トロンと名付けられたこのモデルは、ヴェルルテの工場で造られるカーボン・ニュートラル・ガスから電気的に作成されるe-ガスを燃料とする。

g-トロンは、2つのガスタンクと通常の内燃機関を持つ。タンクには、アウディ製のe-ガスか、圧縮された天然ガス(CNG)が積まれる。フロアにそのタンクは配置され、それぞれ7kgのガスを最高200気圧で保存することができる。

その燃費は3.5kg/100kmで、走行可能距離は400kmだ。

両方のガスタンクが満タンでも、通常のディーゼル・モデルよりも27kg軽いという。また、ガスタンクは、カーボンファイバーで補強されたポリアミド・ポリマー製で、非常に強く軽い。

A3 g-トロンに搭載されるエンジンは、1.4 TFSIがベースで、108bhpと20.3kg-mのパワー、トルクを持つ。アウディはその燃料に関係なく同一のパワーが出せるとしてる。パフォーマンスは、トップスピードが190km/h、0-100km/h加速が11秒だ。

 
最新海外ニュース