マーク・アダムズがヴォグゾールに復帰

2013.06.28

マーク・アダムズが、キャデラックのヘッド・デザイナーからヴォグゾールに戻ってきた。その使命は、GM傘下のヴォクゾールとビュイック・ブランドにデザイン・コネクションを築くことだ。2つのブランドの間で、共同戦略を構築するミッションを持たされる。

また、彼の最初の仕事は、9月にフェイスリフトするインシグニアだ。

アダムズは、昨年8月にキャデラック・ビュイックのディレクターに招聘された。そして、GMヨーロッパのデザイン担当副社長という地位も与えられた。それ以前のヴォグゾールでは、ルッセルスハイムにあるGMヨーロッパ・デザイン・センターで、ヴォグゾール、サーブ、サターンといったブランドを手がけてきた。更にそれ以前は、フォードのセニア・デザイナーであった。

アダムズの作品の一部には、アダム、アンペラ、アストラGTCがあり、キャデラックではCTSサルーンを手がけている。

 
最新海外ニュース

人気記事