フィアット、クライスラーを完全子会社化

2014.01.02

フィアットは、クライスラーの未保有株、41.5%を全米自動車労組の退職者医療基金(Veba)から取得することで合意した。金額は£22億(3800億円)で、その金額をVebaが受け取ることになる。

これによりクライスラーはフィアットの完全子会社となり、ホンダを抜いて世界7番目のメーカーとなった。

フィアットはクライスラーの持つテクノロジーをより早く採用することができるし、傘下のアルファ・ロメオにとってもクライスラーのノウハウを使用できるようになるのが魅力だという。

セルジオ・マルキオーネは「フィアットは、今回の経営統合によって、経験、展望、ノウハウをミックスさせたユニークなビジョンを実現できるグローバルなメーカーとなるだろう。」と語っている。

 
最新海外ニュース

人気記事