アウディRS4アバント・ノガロを発表

2014.03.05

アウディは、RS2アバントの発売20周年を祝うスペシャル・モデル、RS4アバント・ノガロを来月のジュネーブ・モーターショーで発表する。

このモデルは、特別にブルーにペイントされたボディと、黒いエクステリア・トリム、そしてブラックのエグゾースト・パイプを持つモデル。エンジンは標準的なRS4と同じ444bhp/8250rpm、43.8kg-m/4000-6000rpmの4.2ℓV8エンジンを搭載する。パフォーマンスは、0-100km/h加速4.7秒、トップスピード280km/hだ。また、CO2排出量は249g/km、燃費は9.2km/ℓという値だ。

トランスミッションはパドル・シフトを持つ7速Sトロニック、駆動方式はクワトロだ。

ちなみに、アウディRS2アバントが311bhpの2.2ℓ5気筒ターボ・ユニットを積んで登場したのが1994年のこと。インゴルシュタット初のRSバッジを付けたモデルであった。RS2は、0-100km/h加速5.4秒、そして262km/hの最高速を誇ったモデルだ。

このRS4アバント・ノガロは€87.300(1,200万円)で、ジュネーブ・モーターショーで発表された後、直ぐに発売が開始される予定。

▶ 2014 ジュネーブ・モーターショー

 
最新海外ニュース

人気記事