BENTLEY 100th Anniv.[オリジナル記事を見る]AUTOCARのロゴも100年前に

海外ニュース

2014.08.21

BMW 3シリーズに3気筒エンジンを搭載

来年予定されているBMW 3シリーズのフェイスリフトのテストがドイツの公道上で開始された。

このフェイスリフトの鍵は、3気筒ディーゼル・ターボと、新しい3気筒ガソリン・ターボの追加だ。

B37およびB38型と呼ばれる3気筒ディーゼルは、既に2シリーズのアクティブツアラーに搭載されているもの。この3気筒ディーゼルの搭載によって10%以上の燃費の向上が達成されるという。ちなみに、アクティブツアラーにはFWD用として搭載されるが、3シリーズ用はRWDとなる。パワーは116ps/4000rpm、27.5kg-mだ。

3気筒ガソリン・エンジンは、エントリー・レベルで136ps/4500rpm、22.4kg-m/1250rpmで、強力バージョンは230ps/5800rpm、32.6kg-m/3700rpmとなる。

スタイリングは、フロント・バンパーが変更され、より横方向のワイドさが強調されたものとなる。また、インテリアには新しいインフォテーメント・システムが採用されるものと思われる。

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ