海外ニュース

2014.12.11

ラディカルSR8 RSXを1月に一般公開

ラディカルは、1月に行われるオートスポーツ・インターナショナル・ショーの会場で、新型モデル、SR8 RSXを一般公開する。既に先月にその写真が公開されているが、デリバリーは来年の第一四半期からとなる予定だ。価格は£131,940(2,440万円)を予定している。

このSR8 RSXは、446ps/10500rpm、38.7kg-m/7500rpmという異常に高回転型の3.0ℓV8ユニットを搭載。7速パドル・シフトのトランスミッションがこれに組み合わせられる。

パフォーマンスは公表されていないが、その860kgという軽いウエイトからは、相当の加速タイムが期待できよう。

このSR8 RSXは、LMP2クラスのレーシング・モデル、SR9からスタイリングの影響を受けたもので、複合モジュラーのボディワークは、FIAのレギュレーションの合致したスペース・フレーム・シャシーを持つ。サスペンションは、フロント、リア共にダブル・ウィッシュボーンでプッシュロッド式ダンパーを持つ。ブレーキはφ350の6ポッド、ホイールは17インチだ。また、オプションで18インチも用意される。

インテリアでは、データ・ロガーの7インチ・スクリーンが装備され、ステアリングはラディカルとしては初の電動パワー・アシスト付きだ。

ラディカルでは、このSR8 RSXが “すべてのライバルに勝てる仕様” だとコメントしており、LMPクラスのマシンとほぼ近いドライビング・フィールを持つと語っている。

また、ラディカルは、213ps/9500rpm、17.1kg-m/8200rpmのパワー、トルクを持つスズキ製の1.5ℓ4気筒を搭載したSR3 RSXもオートスポーツ・インターナショナル・ショーで公開する予定。こちらは、250km/hの最高速と、3.1秒の0-100km/h加速というパフォーマンスが公表されている。価格は£80,349(1,490万円)で、既にオーダーを受付けている。

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ