海外ニュース

2014.12.20

ポルシェ、ベイビー・ボクスター計画を中止

ポルシェのリサーチ&デベロップメント部門の責任者、ウルフガング・ハッツが、噂されていたベイビー・ボクスターの計画が中止されたことを明らかにした。このベイビー・ボクスターは、718というネーミングで、およそ£35,000(650万円)程度の価格の4気筒スポーツとして開発が進められてきたものだ。これは、ポルシェ全体のセールスを伸ばすためのモデルとも考えられていた。

ハッツは、「プロジェクトは中止された。というのも、現行のボクスターでエントリー・モデルとしては充分であり、それより下のモデルを造る理由がないと判断したからだ。また、ポルシェがエクスクルーシブな存在であり続ける必要があるというのもその理由。やみくもに、セールス・ボリュームを追うことはないと考えた。」と語っている。

この718は、フォルクスワーゲン・グループのグループ戦略として考えられたモデルであり、2010年にその計画はスタートした。当時、ポルシェの社長、マティアス・ミュラーによれば、このモデルを550スパイダーの再来と評している。「私は、ジェームス・ディーンが愛したポルシェの、現代バージョンが受け入れられると考えている。」とミュラーはコメントしていた。

718は、ポルシェが開発した水平対向4気筒をミドに搭載し、アルミニウムとスティールの混合プラットフォームを持つモデル。そして、アウディR4ロードスターのベースともなるものだった。しかし、このアウディR4の計画もキャンセルされている。

ちなみに、その水平対向4気筒エンジンは、来年フェイスリフトされるボクスターとケイマンに搭載される予定だ。

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ