ボルボS90のデザインがスケール・モデルから判明

2015.09.03

新しいボルボS90のデザインが、そのデビューの何ヶ月も前にインターネット上で明らかになってしまった。中国のモデルのウェブサイトで、そのスケール・モデルが公表されたしまったというもの。

スケール・モデルは、しばしばニュー・モデルの発表時に配られるもので、その製作は新車発表時の数カ月前に行なわれることが多い。もし、このイメージが正確なものであれば、2ヶ月後に発表ということも考えられる。

先月の上旬には、ベントレーがVIP顧客のために生産したベンテイガのスケール・モデルが流出するという事件も起こっている。

S90はいうまでもなくS80に変わるモデルで、アウディA6、BMW 5シリーズ、ジャガーXFなどをライバルとするモデルである。そして、そのテクノロジーは第2世代のXC90から移植される。

このイメージからは、ボルボ・コンセプト・クーペを5ドアに換装したようなイメージを受ける。エステート・バージョンは、後ほど追加されることになるのだろう。

「われわれはXC90から学ぶことが沢山ある。何しろ、XC90は既に6,000台のオーダーを獲得したモデルなのだから。デザインも重要な要素だし、インテリア・トリートメント、テクノロジー、そしてオプションではあるがハイブリッド・エンジンなどもXC90が受け入れられた点だろう。」と、デトロイト・モーターショーの会場で、ボルボの戦略担当の副社長、レックス・カーセマケルスは語っている。

ボルボS90およびV90は、400psのT8ツイン・エンジン・プラグイン・ハイブリッドと、D4、そしてD5エンジンが搭載される予定。

カーセマケルスは、この手の大型サルーンの市場が小さくなってきていることは認めつつも、それでもまだまだ重要なセグメントであるとしている。

「確かにマーケットは縮小傾向にあるかもしれない。しかし、ビジネス・ケースとしては十分に強く大きなマーケットであることに間違いはない。とりわけ、中国とアメリカでの需要は引き続き大きい。このセクターで成功を掴むためには、デザイン・パッケージ、パワートレイン、インテリア・デザインなどが重要となる。」とコメントしている。

 
最新海外ニュース

人気記事