BENTLEY 100th Anniv.[オリジナル記事を見る]AUTOCARのロゴも100年前に

海外ニュース

2015.09.09

第4世代のトヨタ・プリウスを公開

トヨタはアメリカはネバダ州ラスベガスで、第4世代となる新型プリウスを公開した。

新しいトヨタのTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)プラットフォームを初めて使用したモデルで、このプラットフォームは、より速い開発とコスト削減ができるのが特徴だ。また、このプラットフォームは、フロントがマクファーソン・ストラットと現行と同じだが、リアはトーション・ビームからダブル・ウィッシュボーンに変更されたのも特徴。トヨタによれば、このプラットフォームの採用によって低重心化が可能で、ハンドリングのレスポンスと機敏さが改善されているという。

フロントはドラマティックなヘッドランプと、複雑なデザインを持つバンパーで構成され、サイドビューはブラックアウトされたCピラーによってフローティング・ルーフを演出している。リアは、ミライからのデザイン・キューが採用され、高いテールランプとスポイラーが統合されたハッチバック・ガラスを特徴とする。

ボディ・サイズは、全長、全幅、全高が4540mm×1760mm×1470mmで、これは先代に対してそれぞれ+60mm、;15mm、-20mmというサイズだ。ホイールベースは2700mmと変化ない。

まだ、パワートレインの詳細は明らかにされていないが、1.8ℓのガソリンとモーターの組み合わせであることは確かで、コンパクト・ニッケル水素バッテリーを燃料とする。燃費は先代よりも10%ほど向上しているようだ。従って、29.0km/ℓ以上。ノン・プラグイン・バージョンでは80g/kmのCO2排出量を得るだろう。

また、このTNGAプラットフォームは、最高でトヨタの50%のモデルに使用される予定で、ボディ剛性は従来のモデルよりも30〜65%ほど高くなるという。

新型プリウスは、2015年年末から日本で販売を始め、順次世界各国・各地域での発売を予定している。

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ