ケータハム620Sをラインナップに追加

2016.01.12

ケータハムは、620RでワイドボディのS5シャシーを採用したが、620Rは快適性をすべて取り去ったサーキット向きのモデルであったのに対し、フロント・スクリーン、サイド・スクリーンなどを備えた常識的なロード・ゴーイング・モデルである620Sをそのラインナップに追加した。また、620Rに対してより大きな燃料タンクも装備される。更に、620Sはシート・ヒーターを備えた初のケータハムでもある。ちなみに、ヒーテド・カーボンシートは、£995(17万円)のオプションだ。

620Rに採用されたリミテッド・スリップデフと、ブレーキ・マスター・シリンダーはそのままだが、サスペンション自体のセッティングはロード向けに変更されている。ホイールも620Rの13インチから15インチとなっている。

エンジンは620R同様に314psのフォード・デュラテック4気筒を搭載するが、トランスミッションは6速シーケンシャルに代えて5速マニュアルが採用される。

パフォーマンスは0-96km/h加速が3.4秒、そして最高速は233km/hとなる。

デリバリーは今年の後半からで、価格は£44,995(766万円)からとなる予定。


▶ 海外初試乗 / ケータハム 620R vs 160

 
最新海外ニュース

人気記事