海外ニュース

2017.02.16

史上最高の800psのV12を搭載したフェラーリ812スーパーファストがデビュー

F12TdFよりも強力なV12エンジンを搭載したフェラーリ812スーパーファストがデビューした。かねてよりF12Mと噂されていたモデルだが、オールドファンには懐かしいスーパーファストのネーミングが復活したことになる。また、これがV12ナチュラル・アスピレーション最後のモデルになると思われる。

フェラーリは、ジュネーブ・モーターショーで812スーパーファストのワールド・プレミアを行うが、このモデルは、フェラーリ70年の歴史の中で最もパワフルなシリーズ・プロダクションとなる。

812スーパーファストは、F12ベルリネッタのアップグレード・バージョンにあたるモデルだが、パワー・ユニットにはF12ベルリネッタよりもスープアップされたナチュラル・アスピレーションの6.5ℓV12を搭載する。また、シャシーにも新しいテクノロジーが盛り込まれている。

エンジン・キャパシティはF12ベルリネッタよりも234cc拡大され、そのパワーは800ps/8500rpm、トルクは73.3kg-m/7000rpm。この値は778psのF12TdFをも越える数値だ。

この次のフェラーリV12モデルにはターボチャージャーによる過給が与えられることになっているので、まさしく「最後の」自然吸気V12フェラーリとなる。

ギアボックスは7速デュアル・クラッチで、パフォーマンスは0-100km/h加速が2.9秒、そして最高速度は340km/hをマークする。この数値に関してはF12TdFと同一だが、この812スーパーファストがF12TdFよりも110kg重いことを考えると十二分に速い数値と言える。

812スーパーファストのもうひとつの重要な変更は電動パワー・ステアリングの採用だ。フェラーリとしては初の採用で、フェラーリ・サイド・スリップ・コントロール・テクノロジーを有効活用するために用いられたものと予測される。フェラーリによれば、この採用によって488GTBのような機敏なステアリング・レスポンスが得られるという。

また、F12TdFで採用された4WS、フェラーリではこれをバーチャル・ショート・ホイールベースと呼んでいるが、この4WSシステムも採り入れられている。

デザインについては、よりアグレッシブに改変され、新しいLEDヘッドランプ、フロント・グリルが与えられた。また、空力的にも優れた変更がされている。特に、フロントに取り付けられたアダプティブ・エアロダイナミクス・フラップは、ダウンフォースを向上させると共にドラッグを軽減するのに役立つものだ。

インテリアでは、より角度のきついダッシュボードが採用されているのが特徴。

パブリック・デビューは来月のジュネーブ・モーターショーで、価格はF12ベルリネッタよりも当然高くなることが予測される。



▶ 海外初試乗 / フェラーリF12 TdF
▶ 海外初試乗 / フェラーリF12 TdF

 
最新海外ニュース

初試乗

記事一覧

モーターショー

記事一覧

特別企画

記事一覧

クラブインデックス

記事一覧

長期使用報告

記事一覧

イベント・カレンダー

記事一覧

ギャラリー

記事一覧

新刊&バックナンバー

記事一覧