フェラーリ70周年 AUTOCAR、当時の評価は? 1970〜80年代編

2017.08.27

フェラーリ288 GTO(1984年)


288GTOは、405psを発生する2900ccツインターボV型8気筒エンジンをミッドシップすることで、最高速度304km/h、0-100km/h加速5.0秒を叩き出した。

1984年の発表時、われわれからの要求があっても、フェラーリは取材用の広報車両を準備していなかった。ニキ・ラウダがオーナーの車両を借りて、ボローニャからザルツブルグまでテストドライブをする機会を得たのは、発表から3年後のことだった。

AUTOCAR、当時の評価

「民主的な速度で運転することは難しい訳ではないが、スリリングな体験だ。ただ、刺激的すぎず、恐れるほどでもない。十字架を胸で切るほどの危険な思いをするヒステリックなクルマではなく、人によっては落胆するかもしれない。あくまでもGTOはフェラーリの精神の象徴である」

 
最新海外ニュース

人気記事