ニュース

2017.08.30

新型ベントレー・コンチネンタルGT まずはW12から 内装に「隠し玉」

編集部より

ベントレー・コンチネンタルGTの3代目がいよいよ発表されました。外観、ブラッシュアップされましたね。エンジンや内装、価格や英国のデリバリー時期にも触れています。ハイブリッドも加わるでしょう。

もくじ

新コンチネンタルGT ベントレーの自信
ベントレー、狙うはポルシェの購買層
MSBを下敷きに ボディ成形にも新技術
まずは6.0 W12 4.0V8やハイブリッドも
速く走るため ベントレーの工夫
内装の「隠し玉」 価格/納車時期

新コンチネンタルGT ベントレーの自信

「あたらしいベントレー・コンチネンタルGTの動的性能は、まさしく歴史的な転換をもたらすでしょう」

エンジニアリング部門を率いるロルフ・フレヒはそう言った。それだけではない。9月、フランクフルトショーでデビューするこのクルマに対して「GTのベンチマークとなります」さらに「ラグジュアリー・ドライビングを再定義するでしょう」とも。

ベントレーは、新型コンチネンタルGTが既存の重要顧客と、これまでアプローチできていなかった潜在顧客の両方に受け入れられることで、SUVのベンテイガ以上に売れることを望んでいる。

「高級感を犠牲にせずに、敏しょう性を高めました」といい切れるのは、あたらしいシャシーとサスペンション、それにW型12気筒エンジン、8速デュアルクラッチによるところが大きいようだ。

まずは外観から見ていこう。

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ