海外ニュース

2017.09.13

水素燃料電池車のM・ベンツGLC 2018年中に製品化 438kmの航続へ

内外装 F-セルならではのディテール

外観は、細かい部分で標準のモデルとの差別化が図られている。フロントは下部のクロームパーツと青い「挿し色」が識別ポイント。リアは、充電ソケット差込口にある「ふた」がF-セルならではだ。

インテリアで目につくのは、12.3インチのデジタルメーターだ。センターコンソール上のハンドライティング用のパッドのデザインも変わっている。

サスペンションはF-セル専用のチューニングがなされており、前はダブルウィシュボーン、後ろはマルチリンク(エアスプリングを組みこむ)というメニューである。

どの地域に投入され、価格はどれくらいになるかなどは明らかになっていないが、ドイツのブレーメン向上で組み立てられることは決まっており、ハンドルは左右の仕様が用意されることになるという。

next pageメルセデスGLC Fセルの画像をもっと見る

 
最新海外ニュース