ジープ・ラングラー新型、SEMAで発表 2.8ℓは廃止

2017.11.01

2ドア/4ドアをラインナップ

さらに、可変横滑り防止装置、緊急自動ブレーキ、フロントワイパー連動ブレーキ除滴機能を搭載。これ以外にもルビコンには、先進オフロード技術が採用される可能性が高い。


また、現行世代のラングラーと同様に、2018年型には2ドアと4ドアを用意。次世代型では、フロントウインドウを倒すこともできる。

 
最新海外ニュース