海外ニュース

2017.11.13

VW、EVのビートルを計画 MEBの柔軟性を活かし後輪駆動も検討

[編集部より]

VWビートルやシロッコの終売計画を報じたばかりですが、「EVならばあり得る」というのは同社のチェアマン、ハーバート・ディエスの言葉。RRを検討しているとも。

「ビートル、EVならあり得る」 MEBでRRも

フォルクスワーゲンは今、後輪駆動かつEVのビートル投入計画を積極的に考えている。

EVのビートルは、あたらしいMEBプラットフォーム(Modular Electric Baukastenの略)をもちいるEV群の一貫として投入。同社のチェアマン、ハーバート・ディエスが明言している。

EVといえば、つい先ごろデトロイト・モーターショーでデビューした「I.D. BUZZ」がある。これはマイクロバスをイメージしたコンセプトだ。

ハーバート・ディエスは「心を揺さぶるEVコンセプトをわれわれは必要としているのです」という。齢59歳のチェアマンは、マイクロバスやビートルだけでなくキューベルワーゲンやバギーのようなクルマが、ひとびとの心を揺さぶるのではないかと思っているようだ。

現行ビートルそのものをモデルチェンジする計画は否定しているものの、EVとしてのビートルはあり得ることを示唆したうえで「これが最適解でしょう」ともいう。

どうやら後輪駆動であることにもこだわりがあるようだ。

「EVならば、ビートルの歴史をトレースすることもできると思うのです。(駆動方式など)自由度が高いですから」

ディエスは、将来的にMEBプラットフォームは、15種類のEVをカバーする計画があるとAUTOCARに語る。そのうち5台が、フォルクスワーゲンの名で販売されるそうだ。

すべての画像をみる

 
最新海外ニュース