「自動車産業で最も力のある英国人」 BMW AG上級副社長 引退前のインタビュー

2017.11.19

イアン・ロバートソンとの一問一答

自動車産業を離れようと思ったことは

「ちょっと苦しい時期に他の会社から誘われました。なのでイエス。でも、今の上司とちょっと雑談したときに、これからやってくる仕事にワクワクして、それで辞めるのを止めたわけです」

BMWの不得意なところ

「成功を祝うこと。われわれはみな頑固で不屈です。決して満足しません。われわれは『よくやったね』と言うのが苦手です。パーティーもお祝いもなしです。むしろ、何が悪かったかを聞くんですよ」

一歩先んじていると思うところ

「可能ならいつも部下と電話連絡しています。同僚はよく怒るんですよ、わたしが彼らより早く問題を知っているって。どうしてかって? 問題を見つけた社員がまずわたしに相談の電話をかけてくるからですよ」

製造したクルマをテストする

「BMWのボードメンバーはクルマをテストします。販売やマーケティング担当ならもっとドライブするでしょうね。クルマを売っているのなら、それが好きなほうがいい。仕事のこういう面も好きだったんですよ」

ロバートソンの考える「責任」とは

「何かに押しつぶされそうになって、眠れなかったことはありません。でも部下が16,500人もいれば、責任は精神を集中させますね。圧迫されるのではなく、駆り立てられるという感じです」

自動車産業について思うこと

「はつらつとした精神の持ち主が働きたがる場所です。非常にダイナミックでエキサイティングで複雑でチャレンジングだけれど、働きがいのある産業です」

ダイソンを辞めたこと

彼らの電気自動車計画が明らかになったので、辞めざるを得ませんでした。その他のプロジェクトには関わりがありますが、別の自動車メーカーのために働くことは心情的に困難です」

 
最新海外ニュース