ランドローバー、貴重なプリプロダクションをレストア 70周年事業の一環

2018.01.16

100字サマリー

ランドローバーは、貴重なプリプロダクションをレストアするといいます。70周年事業の一環で、担当するのは、シリーズIをレストアした「REBORN」プロジェクトに携わったチームです。

ランドローバー、貴重なプリプロダクションをレストア 70周年事業の一環

ランドローバーは、貴重なプリプロダクションをレストアするといいます。70周年事業の一環で、担当するのは、シリーズIをレストアした「REBORN」プロジェクトに携わったチームです。

もくじ

プリプロダクションを復刻 70年目の事業に
レストア部門ディレクター、価値を説明
プリプロならではの仕様を取り入れる

プリプロダクションを復刻 70年目の事業に

ランドローバーは、2018年に70周年を迎えるにあたり、年間を通じて様々な記念事業を企画している。

第1弾として1948年のアムステルダム・モーターショーで発表したプリプロダクション・モデル3台のうち1台のレストアをおこなう。

このオリジナル・ローンチ・モデルは、アムステルダムモーターショーに出展した1960年代を最後に表舞台から姿を消し、20年間にわたってウェールズの農場で使われていたという。

その後レストアするために買われたものの、未着手のまま放置されていたのだが、のちに、製造された英国ソリハルの近くで発見された。

今回、ジャガー・ランドローバー・クラシックの専門家たちが何カ月もかけて社内のアーカイブをもとに車両の所有履歴を調査し、実物であることが証明された。

2016年に発表された、ランドローバーの歴史的な車両「シリーズI」をレストアし顧客に届けるという「REBORN」プロジェクトに携わったチームが、今回の歴史的に重要なレストア・プロジェクトを担当。

このプロトタイプを慎重に保存しながら、再び走行可能にするという、困難なミッションに1年をかけて取り組む予定だという。

 
最新海外ニュース