[ABARTH 124 spider]なぜワクワクする?竹岡圭が検証

AUTOCARが望む、復活してほしい自動車メーカー(4) ローバー

2018.02.24

ローバー、復活するならば

軽量EVとレンジエクステンダーのプラットフォームをベースにして、恐らく他社との共同開発か共通モデルになるだろう(ローバー独自のプラットフォームではコスト的に実現不可能なはずだ)。

軽量、高張力のスチール製スペースフレームを持ち、外装パネルはアルミニウムと複合素材の混合である。ふたつのバージョンが存在し、ひとつはBMW i3よりも若干大きめのモデル、そしてもうひとつは小型2+2クーペとして、両モデルともにSUV並みの高さのシートとやや高めの車高を持つ。

全固体電池が交換作業を考慮してバルクヘッド前方の2重パネル内部に配置され、バッテリー容量を変更することも可能だ。

そしてデザインはランドローバーの力強さ、自信に満ち溢れた優雅さを併せ持つが、よりシックなものになる。懐古調なのはグリスレスで長方形のヘッドライトを持つ1976年式ローバーSD1に似たボンネットとヘッドライトだけである。

インテリアのデザインはこんにちのランドローバーと、ローバーP5、P6とSD1、そしてオリジナルのレンジローバーでも採用されていた特徴的なダッシュボード・デザインをそのまま引き継ぐ。

ガス・タービンを使ったレンジエクステンダーは4シーター・モデル向けのオプションとなる。ガス・タービンは1963年当時のローバーの技術的到達点へのオマージュであるが、かれらは2000サルーンでこのジェット推進モデルを実際に販売しようとしていたのだ。

この技術は新型モデルに共通するイノベーションと高品質の証しであり、ローバーの再出発を飾ることになるだろう。

 
最新海外ニュース