画像 中国車「コピー」の歴史 後編

2018.04.26

ヨゴモ330

元ネタ:起亜ピカント

欧米で人気のエナジードリンクが長年にわたり日本市場を避けていたのは、元ネタが日本の栄養ドリンクだったから、という話を聞いたことがある。ここで元ネタとされているピカントなる韓国車は、トヨタ車の劣化コピーといった外見だが、欧州で販売されながら日本へ導入されないのは、オリジナルへの遠慮以前の問題だ。

2台続けて取り上げたヨゴモなるメーカーだが、先ほどのJLRと違って、起亜はシェアを奪われまいかと心配しているかもしれない。

 
最新海外ニュース