BMW 8シリーズ 1カ月早く姿あらわす M8 GTEに合わせ

2018.05.15

速さ/快適性の両立 ドライバー優先に

開発の過程には、ウェールズのB級路でのテストも含まれていた。

エンジニアにとって「魅力的なスポーティネス」と「究極のコンフォート」を両立させるには短い期間だったが、最終調整は順調に進められ、ダイナミクスは十分に評価できるものだった。

これを実現するために、BMWはドライバーに重点を置いたソフトウェアとハードウェアを開発。例えば、アダプティブ・ダンパーやダイナミック・スタビリティ・コントロールは、セーフティネットを確保しつつも扱いやすさを追求したセッティングになっている。

BMW 8シリーズ・プロジェクト・マネージャーのマルクス・フラシュは語る。「コンフォートやスポーティネスについて、ドライバーはアクセルを踏んだり、ボタンを押したりすることで表現します。それに合わせて、完璧にセッティングを変えるのです」

AUTOCARはすでにM850i xDriveのプロトタイプに試乗した(初試乗 BMW M850i xDriveクーペ・プロトタイプ M8/AMG S63とどう戦う?)が、テクニカルな道でそのポテンシャルを遺憾なく発揮した。しかし、11月の発売日近くまで最終セッティングを確認することはできない。

 
最新海外ニュース