プロドライブ社とは何者か? 救急車からF1まで CEO語る自動車業界の今

2018.06.02

折り畳み自転車の開発まで

このような請負業務の性格上、現在のプロジェクトの管理と次のプロジェクトの調査の間のバランスを取り続けることになる。良く知られていることだが、リチャーズがスカンクワークス・プロジェクト(本業以外に秘密裏に行う業務)を立ち上げたのはこれが理由だ。

このプロジェクトには水陸両用車の製造計画も含まれている。プロドライブは思いもよらない仕事もしている。レンジ・ローバー用の豪華なリアセンターコンソールからレース用ヨットや折り畳み自転車まで、さまざまなものを作っている。

「わたしは昔から(アメリカズ・カップの乗組員である)ベン・エインズリーを知っています。彼が自身のチームを立ち上げた時、自動車レースから学ぶことは多いよと言ったんです。高度なレースであるアメリカズカップは、F1と同じくらい洗練されています」とリチャーズはいう。

プロドライブは、エインズリーの船に搭載されているさまざまな電気システム、油圧システムの開発とインテグレーションにも関わっている。

一方、折り畳み自転車を開発したきっかけは、友人がプロトタイプに乗ってリチャーズのキッチンを走って見せ、商品化しないかと持ち掛けたことだった。6.9kgしかない世界最軽量の折り畳み自転車であるハミングバードは現在生産中だ。

プロドライブの技術者チームが長年の開発業務で培ったコンポジット素材に関する専門技術力を駆使したものだ。電動化バージョンも近く登場する。現状では10.3kgであるが、リチャーズが目標を9.9kgに決めたのでさらなる開発が必要である。

 
最新海外ニュース