プロドライブ社とは何者か? 救急車からF1まで CEO語る自動車業界の今

2018.06.02

アストンとの関係

2007年から2013年までアストン マーティンの会長を務めたリチャーズは、この会社とまだ関わりを持っている。プロドライブがワークスのレーシング・チームの運営を担当しているのだ。さらに、現在はWECの「スーパーセッション」で2年にわたり新型ヴァンテージで戦っている。ル・マン24時間にも2回参戦している。

プロドライブは新型ヴァンテージ・レーサーの設計と開発に携わったのだ。リチャーズはこれをプロドライブにとって「重要な瞬間」であり、先代のクルマを超える「大きな前進」だと呼ぶ。これでしばらくの間は国際モータースポーツの最前線で競争することができる。

将来を見据えるリチャーズは、プロドライブは常にモータースポーツと関わっていくという。自動車産業が混迷を深めていくときに会社に創造性をもたらす最善策だと信じている。

最後に彼はこういう。「他の人とは違うやり方で限界に挑戦し続けることが、われわれをユニークな存在にしているのです。モータースポーツは最良の試験環境なのです」

 
最新海外ニュース