ポルシェ スポーツカー70周年 箱根で「919 tribute」走行も

2018.06.12

サマリー

ドイツで、ポルシェ スポーツカー70周年の特別記念展が始まりました。日本では、6月16日(土)-17日(日)に富士スピードウェイで「ポルシェ エクスペリエンスデイ 2018」を開催。翌18日(月)にはアネスト岩田 ターンパイク箱根を919 tributeが走行予定!

※本記事の初出時に、アネスト岩田 ターンパイク箱根を走行予定の車両名に誤りがありました。正しくは「919 tribute」でした。お詫びして訂正いたします。

「ポルシェ スポーツカー70周年」特別展、始まる

ポルシェAGは、6月8日、ポルシェ ミュージアムにおいて「ポルシェ スポーツカー70周年」特別展のオープニングセレモニーを開催した。

セレモニーには、バーデン・ヴュルテンベルク州首相、シュトゥットガルト市長、連邦交通・デジタルインフラ省政務次官のシュテファン・ビルガー氏をはじめ、各分野から多数の代表者が出席。ポルシェAG監査役会会長のDr.ヴォルフガング・ポルシェ、ポルシェAG取締役会会長のオリバー・ブルーメ、およびポルシェ AG監査役会副会長のウーヴェ・ヒュックも、多くのゲストとともにポルシェ ブランドの誕生を振り返った。

1948年6月8日に、「ポルシェ356 “No.1” ロードスター」はナンバー登録を受けて以来、このブランドは、単なるスポーツカーをはるかに超えたものを生み出してきた。今回の特別展の目的は、過去70年にわたる目覚しい躍進にハイライトを当てることにある。ポルシェ356から電気自動車であるポルシェ・タイカンまで、75を超える展示によって、ブランドの過去と未来についての洞察を公開していくという。

「わたし達は、ポルシェブランドの70周年を祝う展示会において、まったく新しい境地を開きます。ミュージアムは5600㎡を超える展示エリア全体が初めて完全に再設計されました」と、ポルシェ ミュージアム館長のアヒム・シュタイスカルは説明。


展示会で来館者が最初に目にする車両が、「スポーツカーの起源」として70周年を迎えた356 “No.1” ロードスターだ。この特別な個体は、最初に製造されたオリジナルカーをメーカーが所有していることでポルシェを世界でも数少ない自動車メーカーのひとつにしている。

また、ポルシェは、現在に至るまでレーシングカーを通して新しいテクノロジーを開発およびテストをしてきた。この原則は、タイカンによって「スポーツカーの未来」も方向付けている。タイカンは、ル・マン覇者の919ハイブリッドから得た経験を生かし、ポルシェ初の純粋な電気自動車として2019年に市販される。
 

 
最新海外ニュース

人気記事