[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

インタビュー アウディA1デザイナーに3つの質問

2018.06.20

100字サマリー

新型アウディA1が発表されたのを受け、われわれは初代、2代目の両方をデザインしたユルゲン・レフラーに話をききました。先代の丸っこいシルエットを捨て、往年のスポーツ・クワトロを彷彿とさせるハードでスポーティなデザインとなっています。

よりハードでスポーティなルックスに

アウディは先代のソフトで優美なエクステリアを捨て、よりハードでスポーティなルックスを手に入れた。先代が若者たちに人気を博しただけに、これは一部では驚きをもって迎えられた。

この大胆な外観の変更を決めた理由を探るため、初代と2代目ともにA1のデザインチームを率いたユルゲン・レフラーに話を聞いた。

このデザインをひとことで表すと?

「われわれはA1をクラスでもっともスポーティなクルマにしようと考えました。A1をジムに送り込んだともいえるでしょう。先代はやや丸っこい体型でした。新プラットフォームの採用も助けとなり、低く、幅広く、長いデザインとすることができました。ベースの時点ですでにより良いプロポーションを持っていたのです」

A1は女性に人気だが、今回は男性向けにしたのか?

「わたしはそうは思いません。新型A1のデザインはより成熟し、スポーティになりました。これは男性にも女性にも合うと思います」

なぜクワトロの雰囲気を取り入れた?

「小さなラリーカーを作るつもりでデザインしました。わたしはアウディの重要な要素はスポーツ・クワトロにあると思います。これがA1によくマッチしています。タイヤが四隅に配置された小型車のレイアウトは、スポーツ・クワトロの筋肉質なショルダーラインが合うでしょう。自然にそうなったということもできます」

 
最新海外ニュース