FCAセルジオ・マルキオンネ代表、有終の美を飾れる? 過去5年の公約と実績

2018.06.23

番外編3:マセラティの公約と実績

2014年当時の公約

・2018年までに4つの新型モデル(レヴァンテ、アルフィエーリ・クーペ/カブリオレと新型グランツーリスモ)
・2018年までに世界販売台数を5倍の7万5000台に
・利益率を1.7%から6%へ改善

実績


・レヴァンテ発売
・世界販売台数4万6000台

2018の新たな公約

・6つの新型モデル(DセグメントSUV、アルフィエーリ・クーペ/カブリオレ、新型レヴァンテ、クアトロポルテとギブリ)
・ピュアEVのモデルラインナップ
・サブブランドの「ブルー」から4つのEVモデル(アルフィエーリ・クーペ/カブリオレ、クアトロポルテとレヴァンテ)
・8つのプラグインハイブリッドモデル(全車種に)
・レベル3自動運転の実用化
・2022年までの年間販売台数10万台と利益率15%の達成

番外編4:フィアットの公約と実績

2014年当時の公約

・500X
・スペシャリティモデル
・Cセグメントのハッチバックとエステートモデル
・新型パンダ
・世界販売台数130万台から190万台への引き上げ
・欧州販売台数70万台の維持

実績

・500X
・124スパイダー
・ティーポ・ハッチバックとエステート
・欧州販売台数78万台
・世界販売台数160万台

2018の新たな公約

・500 EVモデル
・500ジャルディニエラEV
・新型パンダ
・欧州市場からのプント、ティーポ撤退
・500Xと500Lの販売継続
・販売目標設定なし

 
最新海外ニュース