ニュース

2018.07.16

ヴァジラーニ ハイパーカー「シャル」公開 写真15枚 グッドウッド

ミシュラン/フォース・インディアが協力

ミシュランがこのクルマの開発に協力していることから、本コンセプトカーはミシュランのスタンドに展示されていた。ヴァジラーニのプロジェクトはF1のフォース・インディアのサポートも受けており、今年中にプロトタイプのテストを行う予定だ。

「われわれは若く身軽な会社です。最新技術を満載したクルマを6カ月程度でまとめあげることもできるのです。これは他のメーカーよりもはるかに速いです」

ヴァジラーニ・オートモーティブはインドに本拠を置き、カリフォルニアにデザインスタジオを持っている。シャルはインド初のハイパーカーだ。ヴァジラーニは「われわれはインドの誇りとなりたいと思っています。ただし、生産する場所は他のところになるでしょう」と語った。

生産拠点の場所についてはまだ決まっていないが、カリフォルニアが有力だという。「電動車の世界の中心であり、われわれのコネもあります」そしてカリフォルニアで「われわれの製品を販売することもできるでしょう」とインタビューを締めくくった。

なお、AUTOCAR JAPAN上でご覧の方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下のリンク「『ヴァジラーニ ハイパーカー「シャル」公開』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

 
最新海外ニュース