ニュース

2018.07.17

ホンダN-VANにみる、軽バンの「カングー化」 ユニークさ人気に 維持費のメリットも

編集部より

軽バン(軽貨物車)のなかで、ひときわ目立っているホンダN-VAN(エヌバン)。ビジネスユースではあるけれど、どこかポップな感があります。そこで思い出すのはルノー・カングー。立ち位置はニッチですが、生活のたのしみを体現するクルマとして人気を博すでしょう。

text:Wataru Shimizudani(清水谷 渉)

もくじ

維持費としてのメリットも
日本のルノー・カングー?
ユニークな軽に注目あつまる

維持費としてのメリットも

ホンダNシリーズ初の軽バン(軽貨物車)、N-VAN(エヌバン)。詳しい解説は「ホンダN-VANとは? 軽商用車の新型 価格/発売日/6MT・CVTの燃費/内装を解説」で紹介されていると思うのでここでは省略するが、ヒットが予感される1台だ。

リアシートと助手席をダイブダウンさせると、段ボール箱なら71個、ビールケースなら40個、トライアル用のオートバイも積載できる広大なカーゴスペースが現れる。

また、助手席側がセンターピラーレス仕様であるため、助手席側ドアとスライドドアを開けたときの開口部は大きい。

さまざまなシーンで荷物の積載作業を効率良く行えるので、ビジネスシーンで活躍することだろう。

軽商用車の自動車税は年額5000円だし、登録車と違って商用車でも車検は毎年ではないから、維持費は圧倒的に安い。

 
最新海外ニュース