新型ジムニー イギリス編集部が語る 「日本メーカーで唯一、理念を押し通す潔さ」

2018.07.20

ディフェンダー:唯一の道は完全新規開発

わたしがジムニーを見せた時に、周りから一番多く言及されたクルマである。彼らは次のように述べていた。「これこそが、ディフェンダーのようなクルマをどうアップデートすべきか、身をもって体現しているクルマだ」

わたしだってそう思うが、それは難しい話だろう。確かに、ラングラーやGクラスも同様の手法でアップデートされた。メカニズムはともかく、その精神は全てが旧型に忠実だ。だがこれは、正直言って決してディフェンダーにはできない芸当だ。久しく改良を受けず効率性は著しく低く、人間工学的には最悪で、製造コストも膨大。そのためランドローバーにできることといえば、すべてをなかったことにして新しく作り直すしかない。

トヨタは旧型よりも性能が20%向上したモデルを発売していれば良い。しかし、ランドローバーが性能を20%向上させたディフェンダーを開発したところで、トヨタ・ハイラックスよりも30%劣ったモデルができるだけだ!
 

 
最新海外ニュース

人気記事