[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

ジャガー・ランドローバー 99車種投入で全モデル刷新へ 2024年まで

2018.08.07

100字サマリー

ジャガー・ランドローバーは、2024年までに99車種を投入し、現行の全モデルを刷新するようです。新世代JLRの先駆けとなるのはイヴォーク2で、快適性や環境性が大きく向上しています。JLRでは今後すべてのモデルをMLAプラットフォームに置き換える予定です。

もくじ

2024年までに99車種投入 MLAに移行
NOx低減 コネクティビティも向上
イヴォーク2、より快適に
スチール製PTAプラットフォーム使用
MLA初採用はディフェンダーに
新型レンジやや遅れ 小型SUVには専用プラットフォームか

2024年までに99車種投入 MLAに移行

ジャガー・ランドローバー(JLR)は2023年までに4つの名称を新たに、または復活させるとともに、2024年までに99の新モデル投入で現行車をすべて置き換える計画だ。

前述の4車種にはIペースだけでなく、まもなく発表が予定されている新型ディフェンダーが含まれる。さらにジャガーJペース、そしてレンジローバーのEV「オールロード」だ。

新世代JLRの先駆けとなるのは、来年発売予定のレンジローバー・イヴォークだ。このモデルは先進のプラグインハイブリッドが設定され、CO2排出量はわずか45g/kmとなる。

新型イヴォークは現行のスチール製プラットフォームを改良したものを使用している。しかし、JLR車は今後すべて新しいアルミニウム製のMLAプラットフォームへと移行する予定だ。

この新しい後輪駆動またはAWD向けのアーキテクチャは、ガソリン、ディーゼル、マイルドハイブリッド、プラグインハイブリッド、そしてピュアEVに対応する。

 
最新海外ニュース