[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

もしもあのクルマにご先祖様があったなら 11台をイラストで予想 

2018.08.25

1980年型アウディR8(アウディR8のご先祖様)

アウディはGTスポーツカーのアイデアを、長年にわたって温め続けてきた。ポルシェ924へのパーツ供給、2000年からのル・マン6連覇などを経験した彼らは、2006年にとうとうR8を発売する。

70年代に遡ると、スポーツカーの世界ではポルシェが、911と928、さらに924を擁し我が世の春を謳歌。当時のル・マンは、プロトタイプもGTもポルシェの独壇場だった。またBMWはランボルギーニと組んで、1978年にモータースポーツのホモロゲーションモデルとなるスーパースポーツのM1を送り出す。

そこでアウディは、1980年に発表したクワトロでラリー界の制覇に乗り出した。しかし、もしもル・マンがポルシェに牛耳られておらず、そこの覇権を狙ったアウディがクワトロのパワートレインを活用して、BMWのようにミドシップのスーパースポーツを開発していたら、おもしろいことになっていただろう。

4WDシステムが効果を発揮するのはウェットコンディションや荒れた路面のタイトコーナーから脱出するときくらいで、ウェイト増加によるデメリットの方が大きいかもしれないが、ここでは採用されるものと仮定したほうがおもしろいだろう。それはさておき、当時はBMWと協力関係にあったランボルギーニが、いまやアウディ傘下にあるというのは皮肉な話だ。

 
最新海外ニュース