ヴォグゾールはどうなるのか PSA傘下、今後の展望は 新社長を取材

2018.08.26

サマリー

GMを離れPSAグループの一員となって、長年光を浴びることの無かったヴォグゾールは息を吹きかえしつつあります。でも、新社長ステファン・ノーマンの舵取りはまだ始まったばかりです。彼の考える再建計画について、話を伺いました。

もくじ

ヴォグゾール新社長の再建計画
より単純化された意思決定
カンパニーカーが鍵を握るのか
月末の自社登録 レンタカーへの大量販売
ラインナップの整理で効率化を
良いクルマを慎み深い顧客に
ノーマンのヴォグゾール再建5カ条

ヴォグゾール新社長の再建計画

この1月にヴォグゾールのトップについた、ステファン・ノーマン、63歳。自動車業界で長く仕事をしてきた彼も、その43年にわたる仕事人生の一番のハイライトが目前にあると確信している。

売り上げを増やし継続的に利益を上げて、業績をいち早く回復させることが、彼とヴォグゾールに栄光をもたらすことになる。だが、前の親会社GMのもとで地道に仕事をしてきた歴代社長の業績を考えれば、前途は多難というほかない。

だが、現職について数カ月たった彼はここで、簡素だが地を揺るがすかのような再建計画5カ条を打ちだした。わたしはいまはじめてそれをルートンの本社で聞かされたのだが、もうPSA本部の承認済みだという。GM時代には考えられなかったスピードだし、ノーマンも勝算は十分あると見こんでいる。「わたしは失敗するつもりはありませんので」という彼の意志だけが理由ではない。

累々と続いた前任者の不成功による重圧のもと、こちらも米国の象牙の塔に操られるドイツの経営陣に支配されていたこれまでのヴォグゾール社長陣からは、そんな強気の宣言など聞いたこともなかった。

彼らはいわば有能な代理人か、あるいはただの腰掛けだった。ヴォグゾールは「ただそこにある」会社として細々とクルマを売り、本来よりも低いブランドイメージに甘んじ、そして徐々に落第生へと近付きつつあった。

 
最新海外ニュース

人気記事