[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

ロールス・ロイス 防音の独立リアキャビン、オプション設定 画像8枚

2018.09.03

100字サマリー

ロールス・ロイスは運転席と後席の間に隔壁を設けることができるオプションを発表しました。液晶パネル製で、ワンタッチで不透明化することができるほか、防音性能も確保されています。プライバシーガラスのサイドウインドウに加えカーテンも取りつけられます。

もくじ

前後席間はインターフォンで会話
ふたつのモニターを装備

前後席間はインターフォンで会話

ロールス・ロイスは成都モーターショーにおいて、完全に独立したリアキャビンを持つ仕様を発表した。

プライバシー・スイートと呼ばれるこのオプションにより、前席と後席の間にスクリーンが設けられる。さらに遮音材の追加によりキャビンの音が運転手などに聞こえないようになるという。

前席と後席の間はインターフォンを通して会話することができる。ドライバーがリアコンパートメントを呼び出すことはできるが、後席の乗員はその通話を拒否することも可能だ。

プライバシースクリーンは液晶ガラスでできており、ワンタッチで透明と不透明の切り替えが可能だ。

 
最新海外ニュース