ニュース

2018.09.03

テスラ 暗証番号機能を追加 新たな盗難防止対策

オンラインでのアップデート 各社開発を急ぐ

「ピン・トゥ・ドライブ」のアップデートはOTA(オンライン経由)で行われたが、多くのメーカーがテスラの成功に続こうと、同様のアップデートシステムの開発を急いでいる。例えばフォルクスワーゲン・グループでは、独自の自動アップデートシステムを開発中で、将来的にはポルシェ、シュコダ、セアト、フォルクスワーゲン各社の全モデルで、このシステムを採用する予定だ。

今回のテスラのアップデートでは、キーの暗号化システムについてのアップデートも行われた。モデルXなどで使われていた通常のものから、モデルSに使用されるよりハッキングが難しいものへとアップグレード。

「ピン・トゥ・ドライブ」機能は今のところ、モデルSやモデルXでのみ使用できるが、将来的にはエントリーモデルのモデル3にも追加される見通しだ。

 
最新海外ニュース