[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

日産GT-R50 by イタルデザイン、北米ラグナセカに登場 写真25枚

2018.09.04

100字サマリー

日産GT-R50 by イタルデザインが、北米のラグナセカ・サーキットに出走しました。日産のモータースポーツの歴史を祝すイベントに登場。次は日本に現れる、と明言されています。写真25枚。

次の舞台は、ジャパンプレミア

北米において50年を超えるモータースポーツの歴史を持つ日産。

そのヒストリーと未来をつなぐイベントが、ロレックス・モントレー・モータースポーツ・リユニオンの中で開催された。

50台以上の日産、ダットサンのマシンがサーキットで競い合うなか、アメリカのファンの前に、日産GT-R50 by イタルデザインが初登場。

15mもの高低差を駆け下りるコークスクリューで有名なラグナセカに出走した。

英国のグッドウッド・フェスティバル、ベルギーのスパ24時間耐久レースに続いて北米デビューを飾った日産GT-R50 by イタルデザイン。

次に一般公開される場所は、GT-Rの故郷、日本になると発表されている。

AUTOCAR JAPANでご覧の方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下のリンク「『日産GT-R50 by イタルデザイン、北米ラグナセカに登場』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみください。

 
最新海外ニュース