ポルシェ・カイエン・クーペ リアウイングが開いた ニュルでテスト目撃

2018.09.06

100字サマリー

ポルシェが来年発売を予定するカイエン・クーペのニュルブルクリンクでのテストが目撃されました。今回初めて可動式リアスポイラーが動作する様子も確認されています。来年第4四半期の発売が予定され、V6とV8の2種類のエンジンが用意されます。

もくじ

リアスポイラーの動作を確認
来年末に発売か

リアスポイラーの動作を確認

ポルシェ・カイエン・クーペがニュルブルクリンクで高速テストを行う様子が目撃された。リトラクタブル・リアスポイラーが動作する様子も初めて確認できた。

2019年に発売されるこのクーペ仕様はBMW X6やメルセデス・ベンツGLEクーペに対抗するものだ。これにより、現在ひとつのボディタイプのみが用意されるカイエンのラインナップを拡大する。

このスパイ画像からは、3代目カイエンと同じフロントフェイスを持つことがわかる。ただし、バンパーは専用デザインだ。他の主要なライバルたちと同様、リフトバックスタイルのテールゲートやリアウインドウの形状変更などにより、スポーティな印象を受けるデザインとなった。

今回初めて上昇状態が確認されたリトラクタブル・リアスポイラーは、パナメーラのような分割式ではなく一体型のようだ。

 
最新海外ニュース