[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

新型アウディA8 31歳のデザイナー語る、デザインの「根拠」 インタビュー

2018.09.06

ディテールよりもフィーリング

現在、マーク・リヒテがデザイン統括責任者を務めるアウディのデザインの現場は、プロジェクトのデザインをチームで発展させていく方向にあるという。

コンセプトカーのアウディ・プロローグに関しても、まずはプロローグありきではなく、A6/A7/A8開発というプロジェクトの流れの中で誕生したもののようだ。

「マーク・リヒテの中に、A8に対する明確なビジョンがあり、それを学んで進めていきました。ユニークなプロセスでしたね」

デザインの初期は、細かいラインよりも、フィーリングが大切だと語るアマール・ファヤ。A8のデザインフィーリングは「洗練されていて、将来に向けて前進しているモデルであること、また非常に品質も良くラグジュアリー」だったという。その中でポイントとなったのがライトだったという。

「ライトは未来感を出すのに重要ですね。先進的でパワフル、ライトで将来に向かう先進性を表しています。もちろん、ボディワーク、ホイールなど、全ての一体感が大切なのですが」

「ボディワークでは、ウィンドウの下のベルトライン、ショルダーラインもイメージが変わってくるので重要です。例えば前に角度を付けると前のめりになりますし、逆だとリラックス感もでてくる。その中で、アウディとしては中立なカタチにバランスさせようと考えています」

 
最新海外ニュース