BMW X4、どんなひとが買う? 車種が急拡大、BMWの思惑さぐる

2018.09.07

つぎつぎと広がるバリエーション

それからのBMWのワイドバリエーション展開はもはや有名な話。

従来からの乗用車系は、コンベンショナルなセダン/ワゴンが奇数、クーペやコンバーチブルなどが偶数に分けられ、サイズバリエーションも増え、いまや1シリーズから8シリーズ(間もなく復活予定)まで、8車種揃った。派生車種としてモノスペースもある。

SAVのX系も、X1からX6まで6車種揃い、X7の登場も噂されている。

さらには、EVのi3、i8。

パワーユニットも、ガソリン、ディーゼル、プラグインハイブリッド、ピュアEVと勢揃い。

いまや日本仕様のBMW車のラインアップは、自国である日本のそこそこ大きなメーカーよりも多いくらいなのだ。

話をSUVのXシリーズに戻そう。

 
最新海外ニュース

人気記事