BMW新型3シリーズ登場 ドライバー志向に 価格、邦貨換算496万円〜

2018.10.02

走りと乗り心地の両立

新型3シリーズは5シリーズや7シリーズなどと共通のプラットフォームを採用していることから、今までよりも若干大きく、軽く、安全なクルマとなった。全長の延長分は主として衝突安全性やスタイリングの改善に充てられている。

3シリーズのトレッドは前後ともに拡大され、サスペンションはフロントがマクファーソンストラット式、リアがマルチリンク式となっている。運動性能の改善のため、パッシブ式ダンピングシステムと硬いスプリングが組み合わされている。

これによりシャープなハンドリングと荒れた路面でのフラットな乗り心地を両立している。ステアリングのセッティングも見直されたとのことだ。

これらの開発は英国ウェールズでのテストを中心に行われたという。「英国はこのクルマにとって重要な市場です。そして、われわれはウェールズの路面に対応できれば、その他の大抵の地域に対応可能だと考えています。最高の仕上がりを得るためには、最も困難なところでのテストを行う必要があります。今回われわれはこの仕上がりは良い結果をもたらすと確信しています」

 
最新海外ニュース