海外ニュース

2018.10.11

ジャガー・ランドローバー ソリフル工場2週間停止へ 「トリプルパンチ」が理由

編集部より

ジャガー・ランドローバーは、9月の売上が大幅に落ち込んだことを理由に、ソリフルにある生産拠点を2週間にわたって停止すると発表しました。他の工場でも週3日の稼働とするなど、売り上げ低迷の影響が広がっています。ただし、受注や雇用への影響はありません。

もくじ

オーダーや雇用には影響無し
世界全体で12.3%の販売減
英国政府の政策が鍵

オーダーや雇用には影響無し

ジャガー・ランドローバーは、世界での9月の売り上げが大幅に落ち込んだことを理由に、ソリフル向上を今月後半に2週間にわたって閉鎖すると発表した。

同社は市場の需要変化に合わせ、すでに工場からの出荷を制限している。ジャガーXE、XF、XJなどを担当するキャッスル・ブロムウィッチ工場ではクリスマス頃まで週に3日のみの操業となる。ソリフル工場は10月22日から2週間操業停止となるが、これによる雇用への影響はない。

JLRのスポークスマンは「企業としての収益性を確保するため、ジャガー・ランドローバーでは事業の効率性の追求および世界的な需要変動に対応して行きます。その一環としてソリフル工場を2週間閉鎖するという決定をしました」と語った。

「顧客のオーダーには影響はなく、従業員らは操業停止期間中にも給与が支払われます」

next page世界全体で12.3%の販売減

すべての画像をみる

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ