ポルシェ販売 パナメーラ6割増も、今後は「難しくなる」

2018.10.12

WLTP施行 「第4四半期は難しくなる」

ポルシェAGのセールスおよびマーケティング担当取締役であるデトレフ・フォン・プラテンは、「この9カ月の間、ドイツとヨーロッパを中心にわれわれの魅力あふれる製品ラインナップが需要にマッチしたことが、この素晴らしい業績に繋がりました」と語っている。

「もちろん北米と中国における販売台数の伸びにも大いに満足しています。第4四半期が難しくなることを示す兆候もありますが、われわれは積極的に問題へ立ち向かうことで克服していくつもりです。新たに導入される排気ガス試験制度のWLTPへの対応もそれらの要因のひとつです」

「ヨーロッパにおいてWLTPは今年の9月1日より施行されています。この制度の切り替えは、新しいモデルの導入に大きな影響を与えています。ポルシェでは、911と718の派生モデルおよび先週のパリモーターショーで欧州デビューを果たしたニューマカンを皮切りに対応していきます」

今年9月末、取締役会は今後ディーゼル搭載車を販売しないことを最終的に決定。同時にポルシェはハイブリッド・モデルに対する需要が高まっていることを体感しているという。一例として、ヨーロッパにおけるパナメーラの新車販売のうち60%以上がプラグイン・ハイブリッドで占められているのだ。

このような状況の中、フォン・プラテンは今年度の販売台数が新記録となった昨年度の24万6375台と同じレベルに達すると見込んでいる。

 
最新海外ニュース