マクラーレン・スピードテール、3座ハイパーカー 0-300km/h加速12.8秒 最高速403km/h

2018.10.26

3シーター その内装は?

上方に開くドアを開け放ち、身を滑り込ませればスピードテールのインテリアにアクセスできる。ドアの開閉は、今回はじめてメカニカルパワーを用いる予定だという。

2脚のパッセンジャーシートはカーボン製モノコックに組み付けられている。中央に位置するドライバーズシートは、軽量アニリンレザーで仕立てた逸品だ。

インパネには3枚のスクリーンが存在し、左からクライメート・コントロール、ドライビング・インフォメーション、インフォテインメント・システムという構成。

これに加えて、サイドミラーの代わりとなるリアビュースクリーンが左右に配置されている。コントロール類はスペース効率を鑑みて、ドライバーの頭上に設置した。

スピードテールの生産開始は、2019年後半を予定。つまり、マクラーレン・セナGTRの生産終了後に取り掛かる流れだ。納車開始は2020年初頭になるという。

 
最新海外ニュース

人気記事