ニュース

2018.10.28

画像130枚 Lynk & Co 03 富士スピードウェイでローンチ 日本導入未定

編集部より

中国吉利汽車傘下の新興ブランド、Lynk&Co初のセダンモデル「03」のローンチイベントが富士スピードウェイで開催されました。世界戦略における東京のイメージとFSWのレースイメージからこの場所が選ばれましたが、日本への導入については未定です。

text & photo:Hiroyuki Kondo(近藤浩之)

もくじ

富士スピードウェイで発表
ボルボとコンポーネンツ共有
モータースポーツ参戦も発表

富士スピードウェイで発表

構造物とディスプレイにより、アジアの街並の様に演出されたステージの真上をヘリが超低空飛行で飛び、クルマが走り抜け、モデル達がウォーキング。次々コメンテーターが現れる度に、熱狂的ともいえる異国語の歓声が上がる。

中国から数百人のメデイアとゲストが招かれて行われた、Lynk & Co 03のローンチイベント。その舞台となったのは富士スピードウェイだか、試乗が行われた本コース・パドック(いたるところにLynk & Coのディスプレイが)を含めこの日ばかりは日本ではなく「彼の地」の様相を示していた。

そしてこれだけ費用と手間を掛け大々的に行われたローンチイベントだが、開催地となった日本への導入は、検討はされているが予定はない、というから驚きだ。

「彼の地」とはもちろん中国。Lynk & Coは2016年にその誕生がアナウンスされた、中国の浙江吉利控股集団(ジーリーホールディンググループ)傘下の自動車メーカーである吉利汽車(ジーリー)とボルボが設立したブランド。

 
最新海外ニュース