ロン・ヒックマンの資料 博物館へ寄贈 ロータスデザインの巨匠

2018.11.06

100字サマリー

1960年代のロータス車デザインに貢献したロン・ヒックマンが遺した資料の数々が、妻の手によりビューリーの国立自動車博物館に寄贈されました。彼はエリート、エラン、ヨーロッパなどをデザインした後、家庭用作業台の発明で富を成しました。

もくじ

100点以上を博物館に寄贈
来年には一部を一般公開へ

100点以上を博物館に寄贈

ロータス・エリート、エラン、ヨーロッパなどの開発のキーマンであったロン・ヒックマンによるスケッチや計画書などが、ビューリーの国立自動車博物館に寄贈された。

彼の作品のうち100点以上が妻によってミュージアムに寄贈され、来年からその一部が公開される予定だ。

現代デザインの殿堂として名を馳せたヒックマンは2011年に78歳でこの世を去った。彼は1960年代のアイコン的クルマ達のデザインに携わるとともに、ブラック&デッカー・ワークメイトの発明により富を築いている。

1932年に南アフリカで生まれ、当初は弁護士として働いていたが1954年に英国に移り住み、自動車業界に入った。

当初はフォードのダゲナム工場においてスタイリング・モデラーを務めていたが、1956年のアールズ・コート・モーターショーにおけるコリン・チャップマンとの出会いが彼の人生を変えた。

チャップマンはその時点ですでにエリートの開発に着手していたが、ヒックマンはそのプロジェクトに参加しコンセプトの開発から生産へと貢献したのだ。

 
最新海外ニュース